衆議院議員総選挙の投票日まであと少しとなりました。

今日の新聞折込で維新の党のチラシが入っていました。

橋下徹共同代表は大阪市長であるため、選挙戦はもっぱら江田憲司共同代表が全面に立って行っている印象があります。

この維新の党が盛んに連呼しているのが「身を切る改革」です。

「国会議員定数を3割削減。議員歳費を3割カット。」

この身を切る改革は聞こえはいいですが、果たしてだれだけの効果があるのでしょうか。

私は議員定数の削減に安易に賛同するのは危険だと思っています。

議員が減ればそれだけ国会に国民の声が届きにくくなるということであるからです。

それに議員歳費ですが、国家予算の規模からすると声を大にして叫ぶほどのものではありません。

ほとんど効果の見込めない国会議員の見る切る改革をメインに押し出して有権者の理解を得ようというのは、詐欺に近いとも思えます。

それに政策の一致もない民主党と選挙協力したところで何になるのでしょうか。

万が一うまくいって自民党に勝ったとしても、その後もめることは明らかです。

小手先の選挙戦はもう通用しなくなっています。